テーマ・描写・登場人物で探す!絵本選び お役立ちサイト

ネズミが登場する絵本

 ねずみといえば、不衛生の代名詞と言っても過言ではないくらい嫌われているし、害虫扱いされたりもします。にもかかわらず、絵本の世界やアニメの世界では、ねずみは愛嬌のある可愛いキャラクターとして登場するケースが多いのが、ちょっと不思議な気もします。

 

 私自身が、ねずみを目の前にして、可愛い♪と手を差し伸べれることができるかはちょっと未知数ですが、少なくても絵本やアニメのキャラクターとしてのねずみは可愛らしくて大好きです。ねずみは体が小さいので、小さくて可愛いキャラクターで描かれることが多いように感じます。あまり悪者では登場しない気がします(笑)

 

シリーズもので人気のネズミ主人公の絵本たち

 

 ねずみが主人公で登場するシリーズ絵本で代表的といえば、何といってもぐりとぐらシリーズですね。最初のぐりとぐらは1963年に出版されましたが今の子供にも愛されているので、ロングヒットの絵本です。

 

 14匹のねずみの大家族のお話14ひきのシリーズは、細かくて綺麗な絵が魅力的です。作品も10作品以上出されています。

 

 外国作家の絵本では、ねずみの主人公メイシーちゃんシリーズがとても可愛らしいです。楽しい仕掛け絵本もあり、我が家では大人気の絵本です。

 

* *ネズミ主人公のシリーズもの* *

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)

14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ)

おたんじょうびのメイシーちゃん―めくったり ひっぱったり (めくったりひっぱったり)

 

キーワードを絞って探す!

ネズミの描写のある絵本
ぐりとぐらシリーズの絵本
14ひきのシリーズの絵本

 

 

管理人の口コミ レビュー

 

ねずみさんのながいパンは息子が1歳半くらいの頃に読んであげました。ねずみさんが自分の体よりも大きな長いパンを運ぶ姿が可愛いです。途中、ゾウさん、キリンさん、ライオンさんなどのお家に寄りますが、それぞれのお家のご馳走が美味しそう!最後は家族がたくさんいる自分の家に帰ります。小さい子でも楽しめる絵本だと思います。


 

王道ですがぐりとぐらを息子が3歳くらいの時に読んであげました。夫の親がボロボロの絵本(夫が子供時代の時の絵本)を送ってきてくれて。。。 絵本の中で繰り返し出てくるフレーズ 
♪ぼくらのなまえはぐりとぐら
このよでいちばん好きなのは
おりょうりすることたべること
ぐりぐら ぐりぐら ♪
は、親子で暗記してしまいました。自分が子供の時に読んだ大好きだった絵本が、子育てで再び好きになりました!


ネズミが登場する絵本関連ページ

クマ
描写別・登場人物(動物 虫)別・テーマ別に絵本を紹介するえほんのレビュー口コミサイトです。くま クマの描写のある絵本・登場する絵本を紹介します。
ヒヨコ
描写別・登場人物(動物 虫)別・テーマ別に絵本を紹介するえほんのレビュー口コミサイトです。ヒヨコ ひよこの描写のある絵本・登場する絵本を紹介します。
ウサギ
描写別・登場人物(動物 虫)別・テーマ別に絵本を紹介するえほんのレビュー口コミサイトです。ウサギ うさぎの登場する絵本を紹介します。